ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 病院以外で働く看護師といえば訪問看護師

病院以外で働く看護師といえば訪問看護師

訪問看護師とは?

各地域には、訪問看護ステーションという拠点があります。訪問看護とは訪問看護ステーションから、病気や障害を持った人が住み慣れた地域やご家庭で、その人らしく療養生活を送れるように、看護師等が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。高齢者向けのサービスのように思われがちですが、そのようなことはありません。誰もが利用できるサービスとなっています。

訪問看護師のタイムライン

まずは、各ステーションに出勤し、その後はその日1日のスケジュールに従って各自行動します。ステーションにとどまっていることはほとんどなく、サービスを必要とするご家庭に訪問し、看護を行います。

医師の指示にしたがって、点滴をしたり投薬することもありますし、自宅で最期を迎えようとなさっている患者様のターミナルケア(終末期医療)に従事することもあります。

訪問看護師になるにはどうすればいい?

訪問看護師として仕事をするには、一般的には訪問看護ステーションの応募にチャレンジすることです。もしくは、訪問看護ステーションは大学病院内など大きな病院の中に設置されていることもありますので、その部署に志願するというような方法があります。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

訪問看護師になるのには、看護師資格以外の資格は必須ではありませんが、訪問看護師専門資格を保持していると良いでしょう。訪問看護師は、ほとんどの業務を一人でこなさなければならないため、臨床経験が長い方が望まれる傾向にあります。

訪問看護師ってどんな人に向いた仕事?

一人でてきぱき仕事ができる方、スケジュールに臨機応変に対応できる方、何事にも落ち着いて作業できる方などメンタル面で強い方に向いている仕事です。時には死に直面することもある、非常に高度な看護の仕事です。病院看護師と違って上司が指示をしてくれるわけではありませんし、自分で考えて率先して仕事ができる方に向いています。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする