ホーム > 看護師のいろいろな職場 > コールセンターで働く看護師がいた!

コールセンターで働く看護師がいた!

コールセンターで働くナースとはどういうこと?

コールセンター、いわゆる電話受け付けの仕事ですが、この仕事をナースが行っているというのはどういうことでしょうか?

例えば、製薬会社や女性用品などの会社では、一般のお客様向けに「相談室」という部署を設けていることが多いです。商品についてのトラブルやクレーム対応などはもちろん、日常生活で困ったことやちょっとした相談に乗ってくれるサービスです。

このような場合は、やはり専門的な知識がある方が回答する必要がありますので、看護師や薬剤師が電話応対員として仕事をしているケースがあります。

コールセンターナースのタイムライン

形態は、一般のコールセンター業務と同じです。内容が医療に関することを質問されるかどうか、また自社製品を使用して体調が悪くなったなどのクレーム対応やその後の措置、アドバイスも行います。コールセンターナースが相手にするのはお客様には違いありませんが、同時に患者様にもなりうることがあります。

コールセンターナースになるにはどうすればいい?

コールセンターのナースも産業ナースに部類されます。ですので、製薬会社など医療系の企業に就職するのが一般的です。「お客様相談室に配属」等、募集の案内にあれば、コールセンター員として仕事をすることが想定されます。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師以外の資格は特に必要ありませんが、電話応対の仕事ですので相手の顔が見えません。ですので、カウンセリングの資格などを持っておられると仕事がしやすいでしょう。その他、薬剤師の資格を持っていると必ず役立ちます。

コールセンターナースってどんな人に向いた仕事?

先ほども述べましたが、相手は電話の向こうにいるため、顔が見えずコミュニケーションが取りにくい状態にあります。また、電話をかけてくる方は、不安を抱えてのお電話だったり、クレームだったりとなかなか気軽な相談というわけにはいきません。誠実な方、コミュニケーションがより得意な方、言葉を選んで話ができる方などに向いています。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする