ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 看護師の資格を活かせる看護師以外の仕事!?医療機器メーカーでの勤務

看護師の資格を活かせる看護師以外の仕事!?医療機器メーカーでの勤務

クリニカルコーディネーターとは何か?

クリニカルコーディネーターは、医療機器メーカーの社員として、自社の医療機器の操作説明や営業活動のフォローを行う仕事です。この仕事も産業看護師の分野に属します。

クリニカルコーディネーターのタイムライン

この仕事は、「営業職」にも部類されます。ですので、1日の大半は営業に費やします。営業担当者と一緒に病院に行き、自社製品のデモンストレーションをしたり、納品時に医療スタッフに製品の使い方を説明するのが主な仕事です。

クリニカルコーディネーターなるにはどうすればいい?

クリニカルコーディネーターの仕事に就くには、医療機器メーカーの社員採用に応募するのが確実です。看護師の資格を持っている方に特化している職業では無いので、幅広い視野で探すのが良いでしょう。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

この仕事は、看護師以外にもできる仕事ですので、特に看護師の資格が必要であるというわけではないのですが、看護師の資格があればより採用されやすい職種です。また、医療機器メーカーは一般的に外資系の会社が大半であるため、英語力を重視されるケースが多いようです。英語に自身の無い方には少し難しい職場かもしれません。

クリニカルコーディネーターってどんな人に向いた仕事?

この仕事は、看護師としての仕事はほぼありません。ですので、いずれ看護師として病院に復帰したいというお考えの方は、安易な転職はおススメできません。クリニカルコーディネーターは、病院の看護師と違って勤務時間が定まっています。そのため、プライベートも重視しやすいというメリットがありますし、営業職ですので給与もかなり高額です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする