ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 看護付き高級マンションでの看護師としての仕事への道

看護付き高級マンションでの看護師としての仕事への道

マンションで働く看護師とは?

都内にある高級マンション。そのようなマンションの中には、介護士が常駐していたり看護師が常駐している場合があり、それが住民へのサービスとなっているマンションがあります。一人暮らしの方や高齢者に人気の高級マンションで、特に戸建てに住んでいた方が年を取った時に管理がしやすく住みやすいマンションはとても人気があります。

このような方々が老後の住みかとして購入するマンションでは、サービスとして常に看護師や介護士に助けてもらえると言う安心サービスが人気です。看護師も、病院だけでなくこのような意外な場所で仕事ができることがあります。

マンション看護師のタイムライン

生活の場ですので、24時間体制が一般的ですがもちろんシフト制です。マンションの管理スペースに看護師控室がありますので、そこに常駐していることが多いでしょう。各自宅と看護室がインターフォンですぐに連絡が取れるようになっていることが多いので、呼び出しがあればすぐに部屋に向かい処置を行います。

重篤な場合は、救急車を呼んで病院に運びます。その際付き添うこともあります。

マンション看護師になるにはどうすればいい?

まず、看護師を常駐させているマンションがまだまだ少ないので求人も当然少ないです。このような特殊な職場をお探しの場合は、看護師専用の転職サイト等に登録して常に情報を仕入れるのが重要です。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師以外には介護士の資格やヘルパーの資格があれば尚いいでしょう。必須ではありませんが、もしものときに役立つ資格です。

マンション看護師ってどんな人に向いた仕事?

マンションにはさまざまな方が住んでおられます。なかには体調に不安を抱えておられてわざわざそのマンションを選ばれたと言う方もいるでしょう。そのような方の不安を取り除いて、きちんと応対できる方、コミュニケーション能力がある方、臨機応変に対応できる方、自分で判断してすぐに行動できる方に向いている仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする