ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 刑務所で仕事をする刑務所看護師の仕事

刑務所で仕事をする刑務所看護師の仕事

刑務所看護師とは?

人が犯罪を犯して刑を受けることになると、身柄が拘束されます。日本にはその拘束場所として刑務所と拘置所があり、「刑務所」「少年刑務所」「拘置所」「少年院」「少年鑑別所」「婦人補導院」が受刑者の暮らす場所となっています。

受刑者は、全てが健康であるとは限りません。中には治療や療養が必要な受刑者もいますし、既に治療中でも余命わずかな受刑者もいます。こうした人達は、犯罪者だからと言って治療や療養を受けられないわけではありません。医師が入院や治療が必要だと判断すれば、刑務所内の病院で治療を受けたり入院したりすることができます。

また、急に体調不良を起こしたり、怪我をした場合は刑務所内の救護室できちんと手当も受けられます。このように刑務所の中の医療機関で仕事をする看護師を刑務所看護師と言います。

刑務所看護師のタイムライン

刑務所看護師は、公務員看護師といって公務員に部類されますが、看護師の場合は配属される場所によって仕事の仕方もさまざまです。救護室などの場合は勤務時間が決まっていますが、刑務所病院になりますと24時間体制で仕事をしますので、一般の病院看護師と変わりません。

刑務所看護師になるにはどうすればいい?

看護師としてどうしても刑務所で仕事をしたいという方は、そんなに多くはないのではないでしょうか?やはり環境の問題もありますし、マイナーな仕事であることは確かです。ただし、公務員であると言う待遇はとても魅力的です。

求人の探し方は、ハローワークに登録しておいたり、看護師専門の転職・就職サイトに登録し情報を得るのが有利でしょう。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格以外に必要な資格はありませんが、公務員という身分であることと特別手当が支給される職業ですので、年収は一般の看護師よりも高いのが相場です。

刑務所看護師ってどんな人に向いた仕事?

刑務所看護師が相手にするのは、一般の患者さんではありません。受刑者という特殊な境遇の方々です。ですので、あまりコミュニケーションを取ったり、一人の人に肩入れするのは望ましくありません。刑務所看護師には、無口で淡々と仕事をこなす方、無駄なことを一切しない方に向いている仕事と言えます。コミュニケーションが苦手な方は、このような仕事を探して見られてもいいかもしれませんね。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする