ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 世界を舞台に大活躍!エスコートナースの役割とは

世界を舞台に大活躍!エスコートナースの役割とは

エスコートナースとは?

エスコートナースとは、日本から海外あるいは海外から日本へ病気やけがの患者を送り届ける、患者さんを文字通りエスコートする役割を担う看護師のことです。エスコートナースは、患者が無事に自国の医療機関にたどり着くまで、患者の病態を観察し、必要な際にはしかるべき処置をするという任務が与えられています。

よほど重篤な状態で危険が伴う移動の場合は、医師が同行する場合もありますが、通常は患者一人につきエスコートナース1人が同行する場合が多いです。

エスコートのタイムライン

エスコートナースへの仕事の依頼は、通常は数日前に連絡があります。日本と海外を行き来する仕事ではありますが、割合的には外国から日本へ送り届ける仕事の方が多いようです。

依頼があればすぐに準備に取り掛かります。病人を運ぶわけですから、途中何があるかわかりません。その患者に想定されるできごとや、その対処、対処に必要な機材や薬剤は全て自分で準備します。かなりの大荷物になってしまうようですね。

エスコートナースになるにはどうすればいい?

エスコートナースの拠点は、先ほども申し上げましたが海外を拠点としていることが多いようです。ですので、日本で求人を探すのは少し苦労するかもしれません。エスコートナース専門の派遣会社などもありますし、看護師専門の仕事探しサイトにも登録しておくと良いでしょう。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格以外に必要な資格はありませんが、エスコートナースはとにかく語学が堪能でなければ務まりません。日本語・英語はもちろんのこと、他にも外国語を話せると良いでしょう。

また、全てのことを一人で判断し処置を行わなければなりません。ですので、看護師としての経験が重要になって来ます。救命救急の現場で仕事をしていたり、病棟でも責任のあるポストで仕事をしていたという方がエスコートナースとして仕事をしていることが多いです。

エスコートナースってどんな人に向いた仕事?

一人の患者に寄りそっていくわけですから、コミュニケーション能力に優れている方に向いています。また一人で何でも判断しテキパキと行動できる方でないとエスコートナースは務まりません。臨機応変に対応できる方、英語や外国語が得意な方、長時間のフライトも問題無い方などに向いている仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする