ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 船上の健康管理人「船舶衛生管理者」って何?

船上の健康管理人「船舶衛生管理者」って何?

船舶衛生管理者とは?

船舶衛生管理者とは、船に乗船し、船員の健康管理や保健指導、作業環境衛生、居住環境衛生、食料と用水の衛生保持などを行う者を言います。これは、船員法という法律で、設置が義務付けられている身分の職員です。

船舶衛生管理者は、船舶の航行中に薬剤投与、注射、縫合などの医療行為を部分的に許されており、このほか血圧の測定、止血なども行うため、船内では医務室などで勤務します。

船舶衛生管理者のタイムライン

この仕事のタイムラインは、乗船する船のシフトに依存します。何日もかけて運航する船に乗っている場合は、交代で勤務を行います。

船舶衛生管理者になるにはどうすればいい?

看護師資格があれば、船舶衛生管理者の資格は無試験でもらえることができるそうです。ただし、そのままだともちろんただの資格保持者になってしまいますので、この資格を活かして仕事を行う場合は、船の持ち主に雇ってもらう必要があります。

大きな会社の場合は、船舶衛生管理者の募集を会社が行いますが、なかなかマイナーな仕事でもありますので簡単にみつかるわけではありません。看護師専門転職サイト等に登録しておき、常に情報を得るようにしておきましょう。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

船舶衛生管理者の資格が必要です。ただし、看護師資格を保持している場合は申請すればこの資格は取得できるようですので、申請して取得しておきましょう。

船舶衛生管理者ってどんな人に向いた仕事?

船が好き、船旅が好きという方には仕事をしていて楽しい職場だと思います。もちろん、船上では何が起こるかわかりません。通常は看護師であってもできる医療行為には限度があります。しかし、ここではある一定の医療行為は認められていますので、自分の仕事ときちんと向き合って全うできる方、臨機応変に動ける方におススメしたい仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする