ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 実は転職希望者が多い検疫官の仕事とは?

実は転職希望者が多い検疫官の仕事とは?

検疫官とは?

検疫官とは、海外で流行している感染症が日本に入ってくることを防ぐために空港や港湾で勤務する人のことで、職名は、厚生労働省・検疫官となります。検疫官の仕事は大きく分けて3つ。感染症の情報収集、検疫の実施と渡航者の健康相談、消毒作業と感染者の隔離です。

入国審査場の前には「検疫ブース」が設けられていますので、渡航者からの申告があった場合もしくは明らかに体調不良が確認される場合には検疫ブースで診断を行います。

診断の結果、感染の疑いが強い、もしくは感染が明確に確認された場合、検疫官はただちに特定医療機関へ通知を行い、患者を隔離してさらなる感染を防ぐために、全力を尽くします。患者の身の回りにあったものなどをすべて消毒もしくは処分したりもします。このように海外からの感染症に対する防護壁として働くのが検疫官の役目です。検疫官は看護師資格を持っている方に限られます。

検疫官のタイムライン

検疫官は、国家公務員という身分になります。ですが、国家公務員でも空港が空いている時間は勤務を行うことになります。もちろん、シフト制で勤務をこなすことになりますが、休日なども一般の公務員職とは違うタイムラインとなります。

検疫官になるにはどうすればいい?

厚生労働省のホームページでは、随時検疫官の募集が行われていますので、厚生労働省のホームページを常にチェックするようにしてみてください。公務員ですので、看護師専用の転職サイトなどよりも、直接管轄である厚生労働省にアクセスをした方が早く仕事に巡り合えるかもしれません。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格以外に特に必要な資格はありませんが、臨床経験が3年以上ある看護師が求められています。また、勤務上運転をすることがありますので、運転免許を保持している方が採用に有利になるようです。

検疫官ってどんな人に向いた仕事?

検疫官は、感染症にかかるリスクが高い職であると言えますが、最大のメリットはなんといっても公務員という身分です。また、企業や病院に勤めるのとは違い、突然職を失うということがありません。ですので、身分の安泰を望む人には理想的な職場です。

また、コミュニケーション能力も必要ですし、職場の環境上、英語を話せるほうが良いでしょう。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする