ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 保育園で働く看護師「保育園看護師」とは?

保育園で働く看護師「保育園看護師」とは?

保育園看護師とは何か?

あまり知られていませんが、保育園で仕事をするナースがいます。それが保育園看護師です。保育の現場では、当然さまざまな健康上のトラブルが発生することが多くです。このような現場で、看護の仕事を行いますが基本的には医療行為を行うことはありません。

保育園看護師の仕事は、第一に子どもたちの健康管理です。子供はしょっちゅう怪我をしますし、朝元気だったのに保育園に来た時には体調を崩したりと急変することが多いです。また、集団生活の場ではインフルエンザやノロウィルスの発生率も高く、その予防を指導したりするのも保育園看護師の大切な仕事です。

第一は子供のサポートですが、保育士の健康管理も同時に行います。教員の仕事はとにかくストレスが溜まりやすく、自分でできる以上の無理をしてしまいがちです。保育園看護師は、保育園全体の健康サポートを行う仕事なのです。

保育園ナースのタイムライン

保育園看護師の1日は、保育士とほぼ同じです。朝子供達が登園してくる前に保育園に出勤し、子供達を出迎えます。その際、保護者から心配事などがればチェックしておきます。保育園終園後は、その日の子供達の様子などを整理して、次の日に備えます。

夜勤がありませんし、土日は基本的にはお休みですので、一般のナースのように不定期な勤務形態ではありません。長期休暇もそれなりに確保できるでしょう。

保育園看護師になるにはどうすればいい?

保育園が独自に募集する場合もありますし、看護師専門の派遣会社から案内があることもあります。もし保育園看護師になりたいのでしたら、保育園の求人もこまめにチェックするとよいでしょう。もちろん派遣会社に登録しておけば、優先的に情報が閲覧できるので、便利です。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

保育園看護師になるのに、看護師以外の資格は特に必要ありませんが、保育士の免許を持っていれば採用率は高くなります。ただし、1日の大半のほとんどを幼い子供と過ごすことになりますので、子供の扱いに慣れている方の方が良いでしょう。

保育園看護師ってどんな人に向いた仕事?

保育園看護師は、1日のほとんどを子供と過ごしますので、子供が苦手な方には向いていない仕事です。子供好きな方にはうってつけの仕事でしょう。また、子供だけでなく、保護者とのコミュニケーションも円滑に進める必要がありますので、看護の仕事だけでなく人と接することが好きな方、コミュニケーション能力にたけている方にはおススメの仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする