ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 空の旅をサポートする空港看護師の仕事

空の旅をサポートする空港看護師の仕事

空港看護師とは?

大型空港には、空港内にクリニックが併設されていることがあります。人が大勢行きかう空港では、急に体調を崩したり怪我をしてしまったりする人もいます。また、台風などの悪天候により空港内にやむなく足止めされてしまうと言う場合もあり、よくテレビなどでソファーでぐったりとしている方が映っていることもありますよね?

このような状況下では、体調を崩しやすく、不快感を訴える方も多くいらっしゃいます。そのようなときには、空港内のクリニックで手当てを受けますが、そこで働く看護師の仕事を言います。たいていはクリニックの医師の指示にしたがって看護を行いますが、患者さんが重篤な場合は近隣の大きな病院と連携を取るなど、病棟の看護師と同じような仕事を行うこともあります。

空港看護師のタイムライン

空港が営業している時間に準じてクリニックも営業していますので、もし24時間体制の空港なのであれば、それに応じた仕事シフトになります。もちろん、交代制です。

空港看護師になるにはどうすればいい?

空港内クリニックの看護師は、環境も良いですしとても人気のある職業です。ですので、滅多に人が辞めないため求人があるのも稀です。この貴重なタイミングを逃さないためには、空港の求人を常にチェックしておいたり、看護師専用の求人サイトに登録して情報を仕入れるのがポイントです。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格以外に特に必要な資格はありません。クリニック内の勤務ですので、さほど激務ではありませんが、旅行の繁忙期にはそれなりに忙しいことを覚悟しなければなりません。

空港看護師ってどんな人に向いた仕事?

空港には、毎日さまざまなお客様が訪れます。旅立って行く方もいれば、帰って来る方もいて、プライベートを楽しまれるために空港を利用する人、ビジネスで飛行機に乗る方、いろいろな利用理由があります。空港はどこか異空間でもあります。そんな場所で体調を崩されてしまうと、とても不安ですし特に出発を控えた方にとっては、自分が出発できるのかどうかという問題にもなってきます。

このような方々の不安を支えることができる方、コミュニケーションを取るのが上手な方、また空港は外国のお客様も多く利用されるので英語や他の外国語を話せる方にはぴったりの仕事でしょう。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする