ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 看護師経験を活かしてライターに!最近注目の看護師ライター

看護師経験を活かしてライターに!最近注目の看護師ライター

看護師ライターとは?

ライターとは、記者のことです。最近では、インターネット上には「キュレーションサイト」という、さまざまな分野や知識、事例をまとめたサイトがありちょっとした疑問に一般の方がすぐに解決できるようなシステムとなっています。しかし、インターネットと言うのはまだまだ不確かな部分が多いのも現状で、インターネットで検索して出て来た回答が必ずしも間違っていないとは限りません。

実際に、医師免許が無いのに医学的なことを記載して、それを読んだ読者(患者)がアドバイスに従ってしまい、酷い目に遭ったというようなトラブルも報告されています。

このような不安定な世界の中で、資格を持っている人の発信する内容というのは、やはり安心です。看護師として現役で働くにはちょっと無理だけど、せっかくの経験を活かして仕事をしたいという方の中には、このようにライターとして活躍している方もとても多くいらっしゃいます。

看護師ライターのタイムライン

看護師資格を持つライターの中には、さまざまな働き方をしている方がいます。ライターだけで収入を得ている方ももちろんいますし、日中は看護師の仕事をしながら、夜や休日にライティング作業を行う方もいます。

ライターという職業の利点は、いつでも好きな時に自由に仕事ができると言う点です。副業が禁止されている職場にお勤めの場合はライター業務を行うことはできませんが、時間が自由に使える方には比較的仕事がしやすい部類の職業です。

看護師ライターになるにはどうすればいい?

まず、ライターとして仕事をするには、在宅ワークを斡旋しているサイトに登録すると良いでしょう。そこではさまざまな仕事が紹介されていますが、ライターも多く募集しています。ライターは最近人気の職業ですが、中には資格を持っている人のみの応募もあります。

看護師の資格を持っているというのが採用条件である場合は、単価も高いですし内容も経験したことを元に執筆して行けばいいので、やりやすいと思います。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格以外に特に必要な資格はありませんが、文章力も求められる仕事です。作文が苦手な方は、この仕事をするのは難しいかもしれません。文章を書くのが好きな方は、是非チャレンジしてみてください。

看護師ライターってどんな人に向いた仕事?

文章が好きであることは、もちろんですがわかりやすい文章が書ける方、自分の知識を困っている人に役立てたいと思っている方、責任感のある方に向いている仕事です。また、看護師資格を持っているものの何らかの事情で看護師として現場で働くことができないと言う方にもおススメのお仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする