ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 学校の保健室で勤務する看護師

学校の保健室で勤務する看護師

学校で働く看護師とは?

小学校や中学校、大学などには保健室が設置されていますが、そこで働くのは一般的には保健師と呼ばれる職業の人達です。保健師も大変人気のある職業で、競争率の高い職業ではありますが、この保健室に保健師ではなく看護師を常駐している学校もしくは、保健師と一緒に連携して仕事をしている看護師もいます。

学校看護師のタイムライン

学校の教職員としての勤務になりますので、教職員と基本的にスケジュールや休暇は同じです。ただし、体調が悪い生徒はだいたい授業中に保健室に連れて来られますので、授業中は暇であるというようなことはありません。

また、もし生徒が重篤であると診断した場合は、病院に付き添って医師に症状を説明したり、学校や家族への連絡など予期せぬ事態にもすぐに対応できなければなりません。

学校機関で働く看護師になるにはどうすればいい?

看護師専門の派遣会社に登録しておけばそこから紹介してもらえることもありますし、私立の学校などは就職あっせん機関を通さずに独自で人材を募集したりしますので、こまめに学校のホームページなどをチェックしておくと良いでしょう。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格以外に特に必要な資格はありませんが、保健師の資格を持っていれば採用率は高くなります。その他、薬剤師や教員免許、保育士の資格などを持っていても決して無駄にはなりません。相手は学生ですので、一番複雑な年代でもあります。カウンセラーの資格なども持っていると良いでしょう。

学校看護師ってどんな人に向いた仕事?

近年、生徒たちはさまざまな事情を抱えて登校しています。生徒全員が、楽しく充実した学生生活を送れているわけではありません。また、精神的ストレスを抱えている生徒も大変多く、学校でのいじめや家庭内での問題に耐えかねて体調不良となってしまう生徒もいます。

そのような生徒の憩いの場や、相談に乗ってあげられる方、子供好きな方、コミュニケーション能力に優れている方に向いています。人の立場にたって物事を考えることができる人、他人の力になりたい方にはぴったりのお仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする