ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 看護師を育てる看護師の仕事

看護師を育てる看護師の仕事

看護教員・看護講師とは?

看護資格は国家資格ですので、看護師になりたい人は看護師試験を受けなければなりません。そのため、看護師になりたい方は看護専門学校や看護科のある大学に通うなどして、国家資格合格のために勉強します。

学校では当然教員が必要ですが、現役を退いた看護師が講師として教壇に立つことが多くあります。新しい看護師たちを育成する大変ですがとてもやりがいのある仕事です。

看護講師のタイムライン

大学や学校のカリキュラムに準じて仕事を行います。大学の看護教員として仕事をする場合は、講義の他に実習指導、付添、学会発表、出張など勤務内容は多岐にわたりますし、非常に忙しい仕事です。残業や休日出勤も多いようです。

看護講師になるにはどうすればいい?

看護教員になるには、看護専門学校や看護科のある学校の募集に応募する必要があります。非常勤講師など、看護専門就職サイトでも見つけることは可能です。特に教員免許が必要ではないところもありますので、看護講師になりたい人は採用先に相談してみましょう。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格以外に特に必要な資格はありませんが、教員免許を持っていると尚いいでしょう。しかし、ほとんどの看護講師は看護師資格しか保持していません。ただし、通常の看護師資格以外に、専門看護師資格を持っている方が多いようです。

看護師講師ってどんな人に向いた仕事?

看護師講師になれば、現場から離れることになりますが現場の状況を常に把握しておく必要もあります。自分自身のスキルアップはなかなか見込めませんが、新しい人材を増やす手伝いがしたい、自分の持っている知識を若い方に役立てたいというような強い志がある方にはとても向いている仕事だと言えます。また、大学教員になると、かなり高額な給与が見込まれますので、やりがいにも繋がります。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする