ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 旅先でのトラブルも安心!同行してくれるツアーナース

旅先でのトラブルも安心!同行してくれるツアーナース

ツアーナースとは何か?

団体旅行などに付き添って、旅行者の健康管理や旅行先での急な病気や怪我の処置を行ってくれる看護師で、付添看護師とも言います。旅行の他には、学生の移動教室や自然学校・林間学校などにも同行して、生徒や教員の健康管理・怪我、病気の処置も行います。

看護師は、医師ではありませんので、重篤な場合やツアーナースでは処置できない場合は病院に連れて行きます。病院に連れて行くべきかどうかの判断も、ツアーナースが行います。

ツアーナースのタイムライン

現地で合流する場合もありますが、たいていは出発地点から同行します。例えば、よほど注意すべき人がいる場合は、その人と一緒に宿泊施設に残って世話をしたりすることがありますが、基本的には観光地やその他ツアーに含まれている場所に同行します。

また、旅行先では夜中にトラブルはつきものです。夜勤とまではいきませんが、夜中の急な対応を迫られることがありますので、知識や経験が豊富でなければ務まりません。

ツアーナースになるにはどうすればいい?

ツアーナースとして仕事をする場合は、一般的には看護師専門の派遣会社に登録しておき、希望の会社と合致すれば応募・採用という流れになります。ツアーナースは、常に仕事があるわけではなく、旅行会社の閑散期にはほとんど募集はありません。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

必須ではありませんが、旅行の添乗に関する資格があれば、なお良いでしょう。また、学校関連の行事に同行することが多いので、保健師や教員資格もあればいいですね。最近では高齢者を対象としたツアーもありますので、介護の資格もあると便利です。

ツアーナースってどんな人に向いた仕事?

看護師とは言え、旅行に同行する仕事ですから、事前の打ち合わせから関わらなければなりません。もちろん、旅行中は旅行者ときちんとコミュニケーションが取れなければなりませんし、病院に勤務する状況とは少し違います。旅先でどんなものが必要かを自分で考えて、応急措置できる薬品や手当用品などを用意しなければなりませんので、細かいところに気が効く方、旅行好きな方、人の楽しむ姿を見るのが嬉しい方などに向いたお仕事です。

なお、ツアーナースはその名の通り旅行について行くナースですので、宿泊を伴う出張になります。自宅をあけることができない、小さな子供がいるので何日も家をあけることができないというような方は、残念ながらツアーナースとして仕事をすることは難しいでしょう。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする