ホーム > 看護師のいろいろな職場 > MSW・メディカルソーシャルワーカー(医療相談員)を知っていますか?

MSW・メディカルソーシャルワーカー(医療相談員)を知っていますか?

MSWとは?

MSWとは、メディカルソーシャルワーカーの略称です。人が入院したり、介護施設に入った後に自宅に戻って以前の生活を取り戻すためには、さまざまな支援を必要とする場合があります。また、その支援をどこで受けられるのか、どういう支援がどういう価格で受けられるのかなど、なかなか調べるのも難しいですよね。

このように、日常生活に戻るために支援を必要としている方は大勢おられますが、支援にもいろいろな部門があります。主には、生活相談員、支援相談員、そして医療相談員にわかれます。

このうちの、医療に関する相談員をメディカルソーシャルワーカーと呼んでいて、看護資格を持っている方がMSWになっている場合も多くみられます。

MSWのタイムライン

大きな病院では、MSWが常駐しています。一般的には相談室に常駐しており、各担当患者さんの予定に従って支援を行います。MSWは病院で仕事を行いますが、看護資格を持っているからといって、MSNの仕事と両立しているということはまずありません。

ですので、MSWが看護の現場で一緒に働くということはありません。

MSWになるにはどうすればいい?

MSWの募集は主に病院が行いますので、こまめに病院の求人情報をチェックしておくと良いでしょう。または看護師専用の就職・転職サイトに登録しておけば、そこから求人の情報を知ることができる場合があります。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

MSWには、実は資格がありません。しかし、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を持っている方が従事していることが多いようです。ただし、看護師経験がある方の転職も、とても多くみられます。

看護師の資格を持っておられて、看護の現場では無くMSWとして仕事をしたいという場合は、社会福祉士や精神保健福祉士の資格を取得しておくと良いでしょう。

MSWってどんな人に向いた仕事?

看護師の仕事は、患者さんが病院にいる間にお世話をする仕事ですが、MSWはその後の患者さんの生活がスムーズにはじめられるように一緒に考えて指導やアドバイスをする仕事です。病気ももちろん人それぞれ違いますが、患者さんの生活はもっと多岐にわたっています。

このように、さまざまなケースに対応した考えを持つことができ、ひとりひとりに寄りそったアドバイスができる、コミュニケーション能力に優れているという方にはおススメの仕事です。

MSWは相談員ですので、夜勤等はありませんし休日もしっかり取得することができます。プライベートも大切にしたい方には働きやすい職場です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする