ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 製薬メーカーで働く「CRC」ってどんな仕事?

製薬メーカーで働く「CRC」ってどんな仕事?

CRCとは何か?

現在、病気を治すための薬が数え切れないほど開発されて、治療に役立っています。しかし、この薬が製品として世の中に出回るまでには、かなり大変なプロセスを歩んでいます。薬を開発するのは主に製薬会社ですが、この製薬会社が新薬を製品として販売する前に、その効果や安全性を確認して行くことを「治験」と言います。

治験は、動物実験を終えてから、病院や患者さんの協力のもと、人に投与して「臨床試験」を行います。この治験は、病院から依頼をされる「SMO(治験施設支援機関)と、製薬会社から依頼を受けた「CRO(受託臨床試験実施機関)とが連携して行っています。

このうち、SMO(治験施設支援機関)とは、治験が行われる病院から依頼を受けて治験をサポートする企業ですが、そこで働く看護師は「治験コーディネーター(CRC)」として仕事をします。つまりCRCとは、治験コーディネーターのことです。CRCも産業看護師の部類に入ります。

CRCのタイムライン

CRCの主な仕事は、企業によって変わってきますが、治験開始前の準備、被験者の対応、治験担当医師の補助、治験関連部門との連絡や調整業務、治験依頼者への対応など多岐にわたります。

CRCは、病院側のサポートを行うことが多いため、被験者と触れ合うことが多い仕事です。病院看護師と違い、実際に治療に携わったり手当をしたりというようなことはほとんどありません。

CRCになるにはどうすればいい?

CRCとして仕事をする場合、SMOに所属するCRCとして医療機関へ派遣されるという方法と、医療機関に看護師や臨床検査技師、薬剤師として所属し、CRC業務を行う「院内CRC」の方法があります。

また更なるCRCのレベルアップと専門性を高めるため、「JASMO公認CRC試験」をはじめとして、いくつかの団体で、CRCの認定や公認試験が行われていますのでそれを受験するのも良いでしょう。合格後は職の斡旋なども見込めます。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

看護師資格の他に特別な資格は必要ありませんが、実務の中で専門性が問われるため、看護師、臨床検査技師、薬剤師といった医療系資格や病院での臨床経験を有する方のほうが、実務に際しては有利なことが多いようです。

CRCってどんな人に向いた仕事?

CRCは、看護師ではありますが、実際に治療に携わったり手当を行ったり、日々患者さんと接するというような一般的なイメージの看護師ではありません。ですので、「看護」をしたくて看護師になった方には、「ちょっと違う」と思われるかもしれません。しかし、CRCはとても高額な収入が見込めることが多く、それが当然やりがいにも繋がります。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする