ホーム > 看護師のいろいろな職場 > 臨床開発モニター(CRA)としての仕事

臨床開発モニター(CRA)としての仕事

CRAとは何か?

現在、病気を治すための薬が数え切れないほど開発されて、治療に役立っています。しかし、この薬が製品として世の中に出回るまでには、かなり大変なプロセスを歩んでいます。薬を開発するのは主に製薬会社ですが、この製薬会社が新薬を製品として販売する前に、その効果や安全性を確認して行くことを「治験」と言います。

治験は、動物実験を終えてから、病院や患者さんの協力のもと、人に投与して「臨床試験」を行います。この治験は、病院から依頼をされる「SMO(治験施設支援機関)と、製薬会社から依頼を受けた「CRO(受託臨床試験実施機関)とが連携して行っています。

このうち、CROで仕事をする看護師は「臨床開発モニター」として勤務することになります。CRAは、臨床開発モニターのことです。

CRAのタイムライン

治験を「製薬会社」側、つまり企業側からサポートするCROで働くのが「臨床開発モニター(CRA)」です。臨床開発モニター(CRA)は、新薬を開発している製薬会社の依頼により、病院での治験が法律や様々なルールを守って実施されているかをモニタリングするのが仕事です。具体的には、病院で治験を実施する医療スタッフへの説明会、説明、薬品(治験薬)の医療機関への引き渡し、きちんとルールに沿って治験が行われているかをモニター・チェックするのが仕事です。

CRAになるにはどうすればいい?

CRAは、もともと医療従事者であった人が、CRAとして企業に就職するのが一般的です。ですので、看護師専用の派遣会社から紹介してもらうよりは、企業の応募をこまめにチェックしておくと良いでしょう。

看護師資格以外にあれば良い資格もしくは必要資格

実は、CRAになるには看護師資格すら必須ではありません。しかし、ほとんどの企業がCRAを募集する際には、看護師資格・薬剤師資格・MR・保健師・臨床技師など、医療従事者資格を保持している方、さらに現場で経験を積んだ方を募集する企業が多いようです。

CRAってどんな人に向いた仕事?

CRAは、看護師にこだわって就職したい方には、それほど向いている仕事だとは言えません。しかし、看護師資格を活かして看護師以外の仕事をやりたいという方にはうってつけの仕事です。CRAのメリットはなんといっても高額な報酬です。一般的には年収600万円が平均とも言われているCRAですが、企業によっては実績や業績に伴う給与の大幅な値上げを行う企業もあり、中には年収1000万円も稼ぐ人がいます。

また、一般の看護師とは違って夜勤がありませんので、家庭の事情などで夜家をあけることができない方には、働きやすく安定した職場であると言えるでしょう。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする