ホーム > 専門看護師 > 【専門看護師の仕事】がん看護専門看護師の仕事

【専門看護師の仕事】がん看護専門看護師の仕事

がん看護専門看護師とは?

現在、日本人の死亡原因上位でもある、「がん」ですが、さまざまな種類のがんがあり、その治療法も多岐にわたります。医療の進歩は目覚ましく、過去には治せなかった病気も今は根治できるというケースが増えてきています。

しかし、がんに関してはまだまだ未知の部分が多く、治療には苦痛を伴う患者さんも多くおられます。このような、がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者やその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供することを目的とした専門看護師ががん看護専門看護師です。

がん看護専門看護師としての働き方と求人

がん看護の現場は、一般病棟がほとんどです。開業医院で仕事をする方もいますが、多くは大きな病院や大学病院で勤務しています。

がん看護看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その専門資格を有する看護師を求めている病院や医療機関に勤めることが必要です。求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、専門看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

がん看護専門看護師資格を取るにはどうすればいいの?

がん看護専門看護師として従事するには、がん看護専門看護師資格を取得する必要があります。

専門資格を取得するには看護師資格を持っていることが、まずは条件となります。次に、看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること、実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であることが専門資格試験を受験する条件となっています。

なお、専門看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

専門看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。一般看護師とさほどかわらない収入であることが多いです。資格の内容によっては、大幅に収入がアップすることももちろんありますが、専門看護師の中にはセミナー講師などで講演を依頼されたり、専門機関の教員として後輩に指導するなど、看護師としての仕事以外にもいろいろな働き方があります。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

がんの患者さんを看護するには、一般看護師資格だけでも看護はできます。しかし、やはりどうしても専門的な知識や技術が必要になる事態にぶつかることがあります。正直、資格を取るのは結構大変なことですので、そこまでしてがんの患者さんと向き合いたい、力になりたいという強い志が無ければ、ただなんとなく資格が欲しいというだけで専門看護師になるのはおススメしません。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする