ホーム > 認定看護師 > 【認定看護師の仕事】皮膚・排泄ケア看護師とは?

【認定看護師の仕事】皮膚・排泄ケア看護師とは?

皮膚・排泄ケア看護師とは?

皮膚・排泄ケアを専門とするケアは、元はストーマケア(人工肛門)が最初でしたが、それが次第に創傷ケアや失禁ケアへと拡大してきました。ストーマや瘻孔周囲の皮膚に対して行われてきた皮膚の保護や皮膚障害への対処によって開発された知識や技術が、排泄物による皮膚障害だけにとどまらず、褥瘡や慢性潰瘍への対処や予防に活用できたことから発展してきましたケア方法です。

スキンケアは、皮膚・排泄ケアの領域全てに共通し基礎となる部分であり、健康を害した皮膚ならびに皮膚障害のリスクの高い脆弱な皮膚に対し、健康を取り戻すことを目的としています。また、排泄は人間の基本的ニーズであり、身体の機能低下や社会生活を制限する排泄障害に対して苦痛を取り除き、尊厳を保ち、生きる意欲や人間らしさを取り戻すためのケアを専門的な知識・技術を用いて援助することを目的としています。皮膚・排泄ケア看護師は、これら排泄や皮膚のケアを専門に学んだ看護師です。

皮膚・排泄ケア看護師としての働き方と求人

看護師のほとんどは、患者さんの排泄ケアに従事しているので特別この資格がなければ仕事ができないと言うことではありませんが、皮膚や排泄に関して専門的知識を持っていることで、患者さんやご家族、他の看護師から信用してもらえます。

皮膚・排泄ケア看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その後今お勤めの病院で皮膚・排泄ケア看護師として勤務できるかどうか、この資格保持者の必要性があるかを確認しましょう。もし需要が無い場合は、皮膚・排泄ケア認定看護師資格を保持している看護師を募集している病院に転職する必要があります。

求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、認定看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

皮膚・排泄ケア看護師資格を取るにはどうすればいいの?

皮膚・排泄ケア看護師として従事するには、皮膚・排泄ケア認定看護師資格を取得する必要があります。褥瘡などの創傷管理およびストーマ、失禁等の排泄管理、患者・家族の自己管理およびセルフケア支援を行う為の資格です。

皮膚・排泄ケア看護師資格は、認定資格です。この資格を取得するには看護師資格を持っていることが条件です。認定資格によって、試験を受けることができるまでの期間(従事期間)が違いますが、一定の期間を得て、各看護師資格の認定試験にチャレンジします。試験に合格すれば、認定証が与えられて認定看護師として勤務することができます。

なお、認定看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

皮膚・排泄ケア看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。皮膚・排泄ケア看護師の場合ですが、特に排泄ケアに関しては看護師としてできて当たり前というような認識がありますので、一般看護師との収入の差はさほどないのが現状です。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

排泄ケアは、どんな患者さんにも必要なことですが皮膚のケアは、入院が長くなればなるほど必要になって来ます。また、身体を動かせない方、寝たきりの方は特に皮膚ケアが重要になって来ます。

専門知識を活かした仕事がしたい方、患者さんだけでなくご家族の力になってあげたいという志のある方に向いている仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする