ホーム > 認定看護師 > 【認定看護師の仕事】透析看護師について

【認定看護師の仕事】透析看護師について

透析看護師とは?

透析は、人工透析とも言い、医療行為のひとつで、腎臓の機能を人工的に代替することです。腎不全を患った患者さんが尿毒症になるのを防止するには、外的な手段で血液の「老廃物除去」「電解質維持」「水分量維持」を行う必要があります。これらの治療が、透析療法です。

透析療法には血液透析と腹膜透析の2種類の方法がありますが、それぞれの治療法のメリットデメリットなどを考慮し、患者さんの状況に応じて選択されます。腹膜透析は患者さんが自ら自宅や職場で行う方法で、通院は月に1、2回必要です。血液透析は定期的に通院して透析室で行う方法で、週3日ほどの通院が必要になります。透析看護師は、血液透析に関する看護に従事する看護師です。

透析看護師としての働き方と求人

人工透析を行う患者さんは、週に何回か通院し治療を行っています。全ての病院で人工透析ができるわけではなく、専門の医療機関で治療を行う患者さんがほとんどですので、透析看護師として従事したい場合は、まずは人工透析ができる医療機関で仕事をしなければなりません。

透析看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その後今お勤めの病院で透析看護師として勤務できるかどうか、この資格保持者の必要性があるかを確認しましょう。もし需要が無い場合は、透析認定看護師資格を保持している看護師を募集している病院に転職する必要があります。

求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、認定看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

透析看護師資格を取るにはどうすればいいの?

透析看護師として従事するには、透析認定看護師資格を取得する必要があります。安全かつ安楽な透析治療の管理、長期療養生活におけるセルフケア支援および自己決定の支援を行う為の資格です。

透析看護師資格は、認定資格です。この資格を取得するには看護師資格を持っていることが条件です。認定資格によって、試験を受けることができるまでの期間(従事期間)が違いますが、一定の期間を得て、各看護師資格の認定試験にチャレンジします。試験に合格すれば、認定証が与えられて認定看護師として勤務することができます。

なお、認定看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

透析看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。透析看護師の場合は、透析を行っている専門施設での仕事になりますので、透析看護師が特別扱いされるということは考えにくいですね。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

透析治療は、根治する治療ではなく生きている間はずっと治療を行わなければならない療法です。人工透析が必要な患者さんは人工透析ができなくなってしまうと、命にかかわってしまいます。ですので、メンタル面でも適切な看護が必要になって来るわけです。

コミュニケーションが得意な方や、より患者さんに寄りそっていけるかた、自分で考えて患者さんに適切なアドバイスができる方に向いているお仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする