ホーム > 認定看護師 > 【認定看護師の仕事】手術看護について

【認定看護師の仕事】手術看護について

手術看護師とは?

人が病気になったり怪我をしたら、病院で治療を行いますがその治療の選択はさまざまです。この時、「手術」という選択肢がある場合に、手術と言う手段を患者さんが選択する前から、実際に手術することになったらその準備や術中・術後のケアなど、「手術」にかかわる全ての看護を行う看護師を手術看護師と言います。

手術看護師の仕事は多岐にわたります。術前の患者さんへの説明補助や、手術までの患者さんのケア、不安を取り除いたり家族とやり取りを行ったりするのも大切な役目です。手術中は、執刀医の手伝いとして器具を渡したり投薬の補助をしたりします。

手術看護師としての働き方と求人

看護師になれば、たいていは手術について従事することがあると思います。手術に携わる看護師は必ず認定資格を持っていなければならないというわけではありませんが、特に術中の器材を渡すなどの仕事はベテランのナースが行うことが多いようです。

手術看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その後今お勤めの病院で手術看護師として勤務できるかどうか、この資格保持者の必要性があるかを確認しましょう。もし需要が無い場合は、手術認定看護師資格を保持している看護師を募集している病院に転職する必要があります。

求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、認定看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

手術看護師資格を取るにはどうすればいいの?

手術看護師として従事するには、手術認定看護師資格を取得する必要があります。手術侵襲を最小限にし、二次的合併症を予防するための安全管理(体温・体位管理、手術機材・機器の適切な管理等)、周手術期(術前・中・後)における継続看護の実践を行います。

手術看護師資格は、認定資格です。この資格を取得するには看護師資格を持っていることが条件です。認定資格によって、試験を受けることができるまでの期間(従事期間)が違いますが、一定の期間を得て、各看護師資格の認定試験にチャレンジします。試験に合格すれば、認定証が与えられて認定看護師として勤務することができます。

なお、認定看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

手術看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。手術看護師の場合はほとんどが一般看護師と同じ給料です。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

手術看護には、いろいろな要素が求められます。ぐずぐずしていては患者さんの命にかかわってしまいます。臨機応変に対応できる方、その場に応じたことを自分で判断して率先してできる方に向いている仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする