ホーム > 認定看護師 > 【認定看護師の仕事】集中ケア看護師の仕事について

【認定看護師の仕事】集中ケア看護師の仕事について

集中ケア看護師とは?

集中ケアとは、生命の危機状態にあり、集中的な治療を必要とする重症患者への看護のことを言います。患者の病態変化を予測して重篤化(死亡する危険性の高い症状になること)を予防したり、長期的な安静によって心身の機能低下をもたらす「廃用症候群」などの二次的合併症を予防するケアです。

集中ケア看護師は、このように生命の危機にさらされている方の集中的な治療に従事し、これ以上悪化しないようにまた、一刻も早く危機を脱することができるようにケアするために専門的知識を得ています。

集中ケア看護師としての働き方と求人

集中ケア看護師の主な現場は、ICUなどの集中治療室となります。患者さんの容体を常にチェックし、急変に備えます。危険な状態で運ばれてきた方が、集中治療室を出て一般病棟に移れるまでを看護します。

集中ケア看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その後今お勤めの病院で集中ケア看護師として勤務できるかどうか、必要性があるかを確認しましょう。もし需要が無い場合は、集中ケア認定看護師資格を保持している看護師を募集している病院に転職する必要があります。

求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、認定看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

集中ケア看護師資格を取るにはどうすればいいの?

集中ケア看護師として従事するには、集中ケア認定看護師資格を取得する必要があります。生命の危機状態にある患者の病態変化を予測した重篤化の予防、廃用症候群などの二次的合併症の予防、および回復のための早期リハビリテーションの実施(体位調整、摂食嚥下訓練等)を行います。

集中ケア看護師資格は、認定資格です。この資格を取得するには看護師資格を持っていることが条件です。認定資格によって、試験を受けることができるまでの期間(従事期間)が違いますが、一定の期間を得て、各看護師資格の認定試験にチャレンジします。試験に合格すれば、認定証が与えられて認定看護師として勤務することができます。

なお、認定看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

集中ケア看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。大きな病院にはたいてい集中治療室があり、ケアができるようになっています。しかし、人出不足の場合は集中ケア看護の資格を持っていなくても集中治療室で従事する看護師もいます。ですので、病院側が資格を持った看護師を求めているのであれば、高い給料で雇ってもらえることもあるでしょう。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

集中治療室と言っても、患者さんの容体は様々で急変することもしょっちゅうです。どんな患者さんがどんな急変を起こされるか予測しながら対応できなければなりません。気配りがある方、ものごとをよく観察して判断できる方、細かいことに気が付く方に向いているポストであると言えますね。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする