ホーム > 認定看護師 > 【認定看護師の仕事】感染管理看護師について

【認定看護師の仕事】感染管理看護師について

感染管理看護師とは?

感染管理看護師とは、病棟看護師や他職種の医療従事者と連携をはかりながら、院内感染の監視をしたり、患者さんや職員の保菌状況や院内環境の汚染状況を把握して改善につなげたりするプロの看護師です。

また、流行する感染症の情報を速やかに院内に周知することでその予防に努めます。インフルエンザの院外から院内への侵入を防ぐ工夫も行います。外来で通院されている患者様の中には感染症に羅漢している方も多くいらっしゃいますので、患者さんから感染症の可能性を申し出て頂き、マスクをしていただいたり隔離部屋に移っていただいたりと、各施設の感染対策マニュアルをもとに迅速に対応するのが主な仕事です。

感染管理看護師としての働き方と求人

通常、看護師や医療従事者は全て感染や二次感染を防ぐ努力をしなければなりません。ですので、感染管理看護師であってもそれのみに従事すると言うことは考えにくいです。ただし、感染管理看護師資格を持っていれば、そのための勉強や訓練を他の医療従事者よりも専門的に学んでいることになりますので、感染管理責任者として起用されることもあります。

感染管理看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その後今お勤めの病院で感染管理看護師として勤務できるかどうか、必要性があるかを確認しましょう。もし需要が無い場合は、感染管理看護師を募集している病院に転職する必要があります。

求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、認定看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

感染管理看護師資格を取るにはどうすればいいの?

感染管理看護師として従事するには、感染管理認定看護師資格を取得する必要があります。医療関連感染サーベイランスの実践、各施設の状況の評価と感染予防・管理システムの構築を行うことができる資格です。

感染管理看護師資格は、認定資格です。この資格を取得するには看護師資格を持っていることが条件です。認定資格によって、試験を受けることができるまでの期間(従事期間)が違いますが、一定の期間を得て、各看護師資格の認定試験にチャレンジします。試験に合格すれば、認定証が与えられて認定看護師として勤務することができます。

なお、認定看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

感染管理看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。医療従事者であれば感染のリスクはどういう資格を持っていても同じです。ですので、感染管理看護師だからといって他の看護師よりも収入が高いということはあまりないでしょう。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

院内感染などが発生した場合、入院患者さんだけでなく医療従事者たちにも不安が広がってしまいます。このような場合も落ち着いて迅速に対応できる方、自分の判断で的確な指示ができる方に向いている仕事です。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする