ホーム > 認定看護師 > 【認定看護師の仕事】がん性疼痛看護師とは?

【認定看護師の仕事】がん性疼痛看護師とは?

がん性疼痛看護師とは?

がんを治療して行く上で、どうしても切り離せないのは「痛み」です。特にがんの痛みは我慢できる程度のものではありません。時には患者さんが失神してしまうほどの痛みを伴うことがあります。このような患者さんにたいして、痛みを少しでも緩和する医療があります。

がん性疼痛看護師は、痛みの総合的な評価と個別的ケアと薬剤の適切な使用および疼痛緩和を目的とした治療を行う看護師です。

がん性疼痛看護師としての働き方と求人

がんの患者さんの中には、入院して治療を行う方と通院して治療を行う方がおられますが、どちらがより痛みを感じないというようなことはありません。入院されている方も通院されている方も痛みの度合いはさまざまです。

がん性疼痛看護師は、がん患者さんの痛みに特化して問診を行ったりアドバイスを行ったり医師の指示に従って投薬を行ったりします。痛みはなかなか人に伝えにくい感情です。ですので、患者さんにとっては痛みのプロが力になってくれるととても心丈夫なのです。

がん性疼痛看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その後今お勤めの病院でがん性疼痛看護師として勤務できるかどうか、必要性があるかを確認しましょう。もし需要が無い場合は、がん性疼痛看護師を募集している病院に転職する必要があります。

求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、認定看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

がん性疼痛看護師資格を取るにはどうすればいいの?

がん性疼痛看護師になるには、がん性疼痛認定看護師資格が必要です。痛みの総合的な評価と個別的ケアと薬剤の適切な使用および疼痛緩和を目的とした治療を行う看護師資格です。

がん化学療法看護師は、認定資格です。この資格を取得するには看護師資格を持っていることが条件です。認定資格によって、試験を受けることができるまでの期間(従事期間)が違いますが、一定の期間を得て、各看護師資格の認定試験にチャレンジします。試験に合格すれば、認定証が与えられて認定看護師として勤務することができます。

なお、認定看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

がん性疼痛看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。がん化学療法専門看護師と違い、特に危険を伴ったりしませんので、がん性疼痛看護師資格を持っているからと言って収入があがるということは、あまりありません。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

がん性疼痛認定看護師の主な活躍の場は、がんの治療に力を入れている大学病院や大手の医院が多いです。開業医等で仕事をする看護師はあまりいないでしょう。

がんの患者さんは、痛みを生じるごとに不安を感じますし辛い思いをします。このようにメンタル面でも不安を抱える患者さんにとって、専門知識を持つ看護師の存在は非常に心強いでしょう。医師に言えないことも看護師になら伝えられるという方も多くいます。

がん患者さんの痛みをわかってあげられる、伝えたいことを理解できる、普通のコミュニケーションよりも円滑なコミュニケーションや高度なコミュニケーションができる方に向いている仕事であると言えますね。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする