ホーム > 看護師トピック > 【トピック】看護資格を持っている人が独立して成功している!?

【トピック】看護資格を持っている人が独立して成功している!?

看護師資格は看護師になるためのものだけではない!?

看護師資格を取る目的は、もちろん看護師になるためですよね。看護師の資格を取った方の大半は病院に就職し、看護師としてのスタートを切るのが一般的です。しかし、看護師資格を持っていると実は多方面で活躍できちゃうのです。

例えば、学校を卒業してすぐの頃は病院で看護師として勤務していても、結婚や出産を機に一旦病院を退職してしまうという方は多いでしょう。しかし、復帰となるとこれもまた容易ではなく、さまざまな問題が立ちはだかってきます。勤務先や勤務時間の問題だけでなく、ブランクに対する問題も考えられます。

これを、病院以外で看護師資格を持つ人が仕事をする道があるとなればどうでしょう?働く場所によっては復帰がしやすいという職場があるかもしれません。実は看護師の資格を持つ方は、病院以外でも仕事をしているケースがあるのです。

病院以外で働く方法

看護師の職場は、病院だけではありません。意外な職場で看護資格を持っている方が働いています。看護師の働き口として珍しい場所としては、コールセンターやイベント会場、商業施設、企業、などが挙げられます。働く場所や働く時間によっても病院で仕事をする看護師の仕事とは少し変わってきますが、いずれも看護師資格を活用して勤務します。

募集する側も、企業でありながら「看護師資格を持つ人」というように、特定の資格を持った人をターゲットとして募集することがあります。例えばコールセンターなどは、家庭用の常備薬を販売している会社が健康相談というサービスを行っている場合には、コールセンターでは看護師に対応してもらうことがあります。専門資格を持たない一般の方が、医療相談をするのは違法行為になるからです。

このように、看護師=病院で仕事をする人という概念ではなく、今ではさまざまな場所で看護師資格を持っている方が活躍されているのです。

看護師資格保持者独立例

看護師が病院以外でも仕事をしているというのは、おわかりいただけたと思います。では、その他の道はないのでしょうか?看護師資格を持つ方の中には、その資格を活かして自営業・つまり、独立して自分で仕事をしている方もいるようです。一体どんな風に仕事をしているのでしょうか?

看護師として独立なさっている方を「開業看護師」と呼びます。開業看護師の仕事は色々ありますが、多くはフリーランスのような形態で仕事をするのが一般的です。例えば、訪問看護ステーションのような拠点となる場所を立ち上げて、その場所の代表者となります。代表者でありながら実際に看護の仕事も行うといった具合です。

個人と契約を結ぶ方法もありますし、病院や開業医などと契約を結んでおいて、人出が足りない時に出動するというような勤務方法もできるでしょう。日本ではまだまだ開業看護師は少ないのですが、アメリカなどでは既に活躍されている方も多く、広く認知されているようですよ。

自営看護師のメリットとデメリット

どの仕事にも言えますが、開業看護師にもメリットとデメリットがあります。メリットは自分がやりたかったことを、誰にも妨げられずに自由にできるということ。時間に縛られないということがあげられます。もちろん、業績があがればその分収入はぐんと増えます。

デメリットは、どの組織にも属さないので、全て自分で行わなければならないということです。営業職や事務職など看護の仕事に関係の無い分野でも全て一人で行わなければなりません。確定申告など税金に関することも自分で調べてやらなければなりませんので、年度末には激務になるでしょう。

看護師として独立してみたいと思われている方は、経験者のお話しを聞くのがなにより近道です。インターネットでも体験談は読むことができますし、看護師専門の転職サイトなどに登録しておけば、情報をもらえることもありますよ。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする