ホーム > 看護師トピック > 【トピック】看護師職に従事していると不動産に強い!?

【トピック】看護師職に従事していると不動産に強い!?

看護師として働くメリット

今看護師として働いている、以前看護師として仕事をしていた、など看護師の資格を持っておられる方は、そもそもどういうきっかけで看護師として仕事をしようと思ったのでしょうか?看護師資格は専門職ですので、看護師の資格を取得しようと思ったら専門機関で学ばなければなりません。人が専門機関で学ぼうと思った場合、それなりの覚悟があるかと思います。なんとなく看護師になりたかったという方ももちろんおられると思いますが、看護師資格試験は決して簡単なものではありません。ですので、看護師になろうと思った方には何かきっかけがあった方が多いのではないでしょうか?

例えば、幼い頃入院生活を余儀なくされていて、そこで世話になった看護師に憧れた。ボランティア活動に興味があり、人を助ける仕事につきたかった。などの理由で看護師を目指して頑張ってこられた方は多いと思います。しかし、その他にも「手に職をつけたかった」「看護師職は信用されるから」「専門職であり、医療従事者なので将来安泰である」などの理由で看護師になられた方もいらっしゃると思います。このように看護師になることで自分の人生にさまざまなメリットがあることがあります。

看護師として働くメリットは、なんといっても「安泰である」ということです。大手一般企業や銀行など将来安泰だと思われていた業種が倒産の憂き目に遭う時代になってしまいました。そんな中で、医療従事者というのは人が生きている以上は必ず必要不可欠な職業です。医療機関も滅多に潰れることはありません。もし潰れてしまっても、資格さえあれば働き口を比較的すぐに見つけることが可能です。

看護師と不動産の関係

先ほども述べたように、どこかの医院にお勤めで看護師職として従事している方は、世間からの信頼が非常に厚いことが言えます。ですので、不動産を購入したり物件を借りたりするのに、一般職の方よりスムーズに商談を勧められるそうです。もちろん、全ての方が必ず商談が成功するとは限りませんが、信頼されている職業であると言うことは間違いありません。

看護師の仕事は、想像以上に大変な仕事であり、きつい仕事です。ですので、プライベートでは思い切り楽しむ方も多く、自分の稼いだお金を自分だけの城という名の自宅に投資する方も多いのでしょう。

ブランクがあっても大丈夫

看護師職についている方は、圧倒的に女性が多いのですが、結婚や出産を機に看護師職から退いてしまう方も少なくありません。せっかく頑張って看護師の資格を取ったのに、結婚や出産などで辞めてしまうのはとても勿体ないことですよね。

ただし、医療の現場は日進月歩であり、研究もめまぐるしい早さで進んでいます。ですので、一度現場を退いてしまうと復帰した時には見知らぬ薬品や器具で溢れていて、扱い方がわからなかったり以前の自分の知識だけでは仕事に追いつかないということもあり、看護師の復帰率は低下しているのも現状です。

確かに大学病院など、最先端の治療法を主に行っている医院では復帰するのに時間がかかるかもしれませんが、病院の中にはブランクがあってもOKとして看護師を募集しているところもありますし、開業医の場合はブランクはさほど気にしないで良いとしているところも多くあります。

ご自身の身の上が少し落ち着いて、再び看護師として仕事がしたいなと思ったら、是非看護師専用の転職サイトに登録してみて下さい。さまざまな条件で探せるシステムになっていますし、「ブランクあり」「日勤のみ」など希望の条件で看護師のお仕事が見つかるかもしれませんよ。


関連コンテンツ


キーワード


コメントする