え!?あの人も看護師資格を持っていたの?

意外に知られていませんが、看護資格を持っている芸能人は結構多いのです。有名どころでは、お笑い芸人「おかず倶楽部」のオカリナさん、声優の林原めぐみさん、フリーアナウンサーの山本舞衣子さんなどです。

特に、オカリナさんは「看護師現役時代は、点滴を患者さんに刺すのがとても苦手だった」というエピソードをいろいろなところで語っています。彼女が看護師を目指そうとしたきっかけは、中学2年生の時に祖母を亡くして人の死を身近に感じ、いざ親がそうなった時に助けてあげたいと思ったことからだったそうです。

何故看護師から芸能人へ転職したのか

看護師資格を持っている芸能人は、芸能界に入る前は看護師をしていたという人が多く、資格を取っただけという方はあまりいません。ただ、看護師になる前から芸人にもなりたかった、看護師をしながらも声優の勉強を続けていたなど、看護師として仕事をしながらもう一つの夢を捨て切れずに、結果的にはもうひとつの夢をかなえたということなのでしょう。

看護師の仕事は、何か別の仕事と両立させるのは難しいですし時間的にも余裕がありません。もちろん体力も限界に達してしまいます。芸能界にいながらそれだけでは生活できないのでアルバイトをしているという方はたくさんおられますが、生活のために看護師をしながら芸能活動もするというのは少し無理がありますね。

看護師資格が役立つ時とは

看護師資格を持つ芸能人が、芸能界でその資格を活かせることはあるのでしょうか?例えばドラマなどで看護師の役をすることになれば、それはもちろん役立つでしょう。しかし、芸能界にいて何か看護師資格が必要な時がくるということは考えにくいです。

ただ、気配りができる、他人に対して思いやることができる、相手の立場にたって考えられるなど、いろいろな場面で気づかいが必要な芸能界においては、学んできたことは決して無駄にはなりません。

芸能界は浮き沈みが激しい世界

芸能界は浮き沈みが激しい世界です。ですので、今とても人気があったとしても翌年もひっぱりだことは限りません。ファッション以上に流行りすたりが激しい世界でもあります。そのような世界に居る場合、やはり何か資格を持っていれば転職の可能性が広がります。

芸能界を引退して保育士になったり、弁護士を目指したり、介護士として仕事をするようになったという芸能人もたくさんいますが、看護資格があれば芸能界の仕事がなくなってしまったときにも、専門職として仕事ができるので安心ですね。

看護師のイメージとは

看護師と聞くと、あなたはどんなイメージをしますか?多くの方は女性をイメージするのではないでしょうか?現在では「看護師」という職業名に統一されましたが、過去には「看護師」は「看護婦」と呼ばれていました。これは、看護の仕事をするのはほとんどが女性だったからです。

しかし、近年では看護の仕事をしたいという男性も増えて来ました。そこで、現在は看護師という職業名になったのです。ですが、まだまだ比率は女性の方が多く、看護の世界は女性社会であるとも言えるでしょう。

男性の看護師と女性の看護師の違い

ところで同じ看護師でも、男性と女性では働き方などにも違いがあると思いますが、主にどんな違いがあるのでしょうか?大きな違いはやはり力の差ではないでしょうか?看護の仕事も内容によっては力がいる仕事があります。例えば、患者さんを移動させたりする場合は、女性一人では無理な場合が多いです。身体の不自由な患者さんは、力が入りません。ですので全体重がかかってきてしまいますので、その患者さんがスリムな方であってもかなり重いのです。

このように、力仕事の場合は特に男性看護師さんがいてくれると大変ありがたいですよね。その他にも、男性ならではの視点もあり、男性看護師には男性看護師の女性看護師には女性看護師の良いところがたくさんあるわけです。

男性看護師がいるおかげで・・・

男性看護師さんの存在はまだ非常に珍しいので、特にご年配の女性には若い男性看護師さんは結構人気があるようですよ。長い入院生活で、このようなトキメキはとても大切ですよね。

一方、やはり女性社会の看護師の中で男性看護師にはそれなりに苦労もあるようです。なかなか輪の中に入れなかったり、特に女性の患者さんの場合は男性看護師さんに排泄のケアをされるのはちょっと恥ずかしいという方も多いようです。性別による差別というのではなく、例えば女性特有の病気である乳がんや婦人系の病気の場合は、男性看護師さんよりも女性看護師さんの方が相談しやすいというのはありますよね。

男性看護師の就職事情

平成23年の統計ですが、男性看護師の割合は全体の8%にも満たないということがわかっています。つまり、100人看護師がいれば92人は女性で8人だけ男性と言う割合です。ですので、まだまだ男性看護師の比率は低いのですが、需要は結構あります。

医療の現場で、看護師という同じ立場でも男性の役割と女性の役割は患者さん主体で考えるとおのずと違ってきます。看護師専門の転職サイトでは、もちろん男性看護師の登録も可能ですので、お仕事を探しておられる男性看護師の方は是非登録してみて下さいね。

【トピック】医療ドラマのウソ・ホント

医療ドラマが人気なわけ

昨今、さまざまなテレビドラマが放映されていますが、中でも医療系のドラマは大変視聴率もよく、人気ドラマとなっています。ほとんどは医師が主人公ですが、大学病院の背景を描いたり、産婦人科のエピソードを描いたりと形態は様々です。

しかし、どのジャンルでも医療系は何故か人気があります。それは何故でしょうか?もちろん理由はいろいろあると思いますが、「感動できるエピソードを描きやすい」「勧善懲悪など見終わってスッキリするドラマが多い」「難病に打ち勝つ、手術に成功するなどプラスの方向に終結する内容は、見ていて気持ちが良い」などが挙げられます。

そんなうまい話があるはずがないと言いながら、見ている人はどこかで「どうか成功しますように」と感じながらドラマを楽しむのではないでしょうか?だからこそ、「まぁドラマだし」とか「所詮ドラマだから」と言いながらも、毎週その番組を楽しみにし、観終わった後に「明日からも頑張ろう」と思えるのでしょう。

医療ドラマに出てくるエピソードってほんとのこと?

ところで、医療ドラマに出てくるエピソードって、時に信じがたいものがありますが、医療系ドラマで扱っている内容は本当のことなのでしょうか?たまに聞いたことも無いような病名や、症状が取り上げられる場合がありますよね。

基本的にテレビドラマで扱うエピソードは、全て事実に基づいたものを使っているそうです。人気医療ドラマの中には、ドラマ部分の脚本を作る人と医療部分の脚本を作る専門家に分かれて脚本を作っている現場もあるようです。実際に治療に携わった医師や関係者の監修の元撮影されるケースもありますし、空想ではなく実際のエピソードを利用しており、よりリアルにドラマを展開させることを目指しているのです。

看護師を主人公としたドラマってどんなものがあるの?

医療系ドラマの主人公はほとんどが医師や患者ですが、看護師を主人公としたドラマも過去にいくつかありました。新人看護師が一人前のナースに成長する過程を描いたものや、緊急医療の現場で働く看護師を描いたもの、看護師の人間関係にスポットを当てたドラマなどさまざまな種類のドラマが人気を博していました。

ほとんどのドラマが女性看護師を描くものでしたが、中には男性看護師を描いたドラマもあり、楽しまれていた方も多かったと思います。

ドラマの中の看護師像と現実の違いとは?

医療系のドラマを医療従事者が見ると、突っ込みどころがたくさんありすぎて笑えるという話をよく聞きます。ですが、一般の方はドラマのイメージがそのまま医師や看護師のイメージと結びつくケースは少なくありません。ドラマを見た一般の方が「医師はこういうものだ」とか「看護師はこうあるべきだ」というように思いこんでしまうことがあります。

しかし、当たり前ですがドラマの中の現場と実際の現場は大きく違う点があります。看護職にしても、ドラマの中では理想の世界であっても現実はもっと厳しいものだという場合がほとんどではないでしょうか。

ただ、医療従事者として志や想いなどは、ドラマの中の主人公と共感できるという部分もあるでしょう。ドラマを見て看護師に憧れて看護師になったという方もおられると思います。

病院で働く以外の看護師をテーマにしても面白い

テレビドラマや映画に出てくる看護師は、ほとんど病院で働く看護師です。しかし、実際は病院以外で働く看護師もいますし、ブランクを経て看護職に再チャレンジして活躍しているという方も大勢います。メディアではこのような特殊なケースが取り上げられることはあまりありませんが、病院以外で仕事をする看護師にスポットをあてたり、一度看護師をしていて一旦退職し、再度看護師として就職したというような人生を追うドラマがあっても面白いかもしれませんね。

例えば、フライトナースなどは今まであまり知られることが無かった職業ですが、ドラマの影響で一気に有名になりました。このように、病院以外で仕事をする看護師の仕事や、ブランク後に看護師として再び仕事をしたいという場合は、看護師専門の転職サイトがありますので、それに登録してみてくださいね。

看護師資格は看護師になるためのものだけではない!?

看護師資格を取る目的は、もちろん看護師になるためですよね。看護師の資格を取った方の大半は病院に就職し、看護師としてのスタートを切るのが一般的です。しかし、看護師資格を持っていると実は多方面で活躍できちゃうのです。

例えば、学校を卒業してすぐの頃は病院で看護師として勤務していても、結婚や出産を機に一旦病院を退職してしまうという方は多いでしょう。しかし、復帰となるとこれもまた容易ではなく、さまざまな問題が立ちはだかってきます。勤務先や勤務時間の問題だけでなく、ブランクに対する問題も考えられます。

これを、病院以外で看護師資格を持つ人が仕事をする道があるとなればどうでしょう?働く場所によっては復帰がしやすいという職場があるかもしれません。実は看護師の資格を持つ方は、病院以外でも仕事をしているケースがあるのです。

病院以外で働く方法

看護師の職場は、病院だけではありません。意外な職場で看護資格を持っている方が働いています。看護師の働き口として珍しい場所としては、コールセンターやイベント会場、商業施設、企業、などが挙げられます。働く場所や働く時間によっても病院で仕事をする看護師の仕事とは少し変わってきますが、いずれも看護師資格を活用して勤務します。

募集する側も、企業でありながら「看護師資格を持つ人」というように、特定の資格を持った人をターゲットとして募集することがあります。例えばコールセンターなどは、家庭用の常備薬を販売している会社が健康相談というサービスを行っている場合には、コールセンターでは看護師に対応してもらうことがあります。専門資格を持たない一般の方が、医療相談をするのは違法行為になるからです。

このように、看護師=病院で仕事をする人という概念ではなく、今ではさまざまな場所で看護師資格を持っている方が活躍されているのです。

看護師資格保持者独立例

看護師が病院以外でも仕事をしているというのは、おわかりいただけたと思います。では、その他の道はないのでしょうか?看護師資格を持つ方の中には、その資格を活かして自営業・つまり、独立して自分で仕事をしている方もいるようです。一体どんな風に仕事をしているのでしょうか?

看護師として独立なさっている方を「開業看護師」と呼びます。開業看護師の仕事は色々ありますが、多くはフリーランスのような形態で仕事をするのが一般的です。例えば、訪問看護ステーションのような拠点となる場所を立ち上げて、その場所の代表者となります。代表者でありながら実際に看護の仕事も行うといった具合です。

個人と契約を結ぶ方法もありますし、病院や開業医などと契約を結んでおいて、人出が足りない時に出動するというような勤務方法もできるでしょう。日本ではまだまだ開業看護師は少ないのですが、アメリカなどでは既に活躍されている方も多く、広く認知されているようですよ。

自営看護師のメリットとデメリット

どの仕事にも言えますが、開業看護師にもメリットとデメリットがあります。メリットは自分がやりたかったことを、誰にも妨げられずに自由にできるということ。時間に縛られないということがあげられます。もちろん、業績があがればその分収入はぐんと増えます。

デメリットは、どの組織にも属さないので、全て自分で行わなければならないということです。営業職や事務職など看護の仕事に関係の無い分野でも全て一人で行わなければなりません。確定申告など税金に関することも自分で調べてやらなければなりませんので、年度末には激務になるでしょう。

看護師として独立してみたいと思われている方は、経験者のお話しを聞くのがなにより近道です。インターネットでも体験談は読むことができますし、看護師専門の転職サイトなどに登録しておけば、情報をもらえることもありますよ。

看護師として働くメリット

今看護師として働いている、以前看護師として仕事をしていた、など看護師の資格を持っておられる方は、そもそもどういうきっかけで看護師として仕事をしようと思ったのでしょうか?看護師資格は専門職ですので、看護師の資格を取得しようと思ったら専門機関で学ばなければなりません。人が専門機関で学ぼうと思った場合、それなりの覚悟があるかと思います。なんとなく看護師になりたかったという方ももちろんおられると思いますが、看護師資格試験は決して簡単なものではありません。ですので、看護師になろうと思った方には何かきっかけがあった方が多いのではないでしょうか?

例えば、幼い頃入院生活を余儀なくされていて、そこで世話になった看護師に憧れた。ボランティア活動に興味があり、人を助ける仕事につきたかった。などの理由で看護師を目指して頑張ってこられた方は多いと思います。しかし、その他にも「手に職をつけたかった」「看護師職は信用されるから」「専門職であり、医療従事者なので将来安泰である」などの理由で看護師になられた方もいらっしゃると思います。このように看護師になることで自分の人生にさまざまなメリットがあることがあります。

看護師として働くメリットは、なんといっても「安泰である」ということです。大手一般企業や銀行など将来安泰だと思われていた業種が倒産の憂き目に遭う時代になってしまいました。そんな中で、医療従事者というのは人が生きている以上は必ず必要不可欠な職業です。医療機関も滅多に潰れることはありません。もし潰れてしまっても、資格さえあれば働き口を比較的すぐに見つけることが可能です。

看護師と不動産の関係

先ほども述べたように、どこかの医院にお勤めで看護師職として従事している方は、世間からの信頼が非常に厚いことが言えます。ですので、不動産を購入したり物件を借りたりするのに、一般職の方よりスムーズに商談を勧められるそうです。もちろん、全ての方が必ず商談が成功するとは限りませんが、信頼されている職業であると言うことは間違いありません。

看護師の仕事は、想像以上に大変な仕事であり、きつい仕事です。ですので、プライベートでは思い切り楽しむ方も多く、自分の稼いだお金を自分だけの城という名の自宅に投資する方も多いのでしょう。

ブランクがあっても大丈夫

看護師職についている方は、圧倒的に女性が多いのですが、結婚や出産を機に看護師職から退いてしまう方も少なくありません。せっかく頑張って看護師の資格を取ったのに、結婚や出産などで辞めてしまうのはとても勿体ないことですよね。

ただし、医療の現場は日進月歩であり、研究もめまぐるしい早さで進んでいます。ですので、一度現場を退いてしまうと復帰した時には見知らぬ薬品や器具で溢れていて、扱い方がわからなかったり以前の自分の知識だけでは仕事に追いつかないということもあり、看護師の復帰率は低下しているのも現状です。

確かに大学病院など、最先端の治療法を主に行っている医院では復帰するのに時間がかかるかもしれませんが、病院の中にはブランクがあってもOKとして看護師を募集しているところもありますし、開業医の場合はブランクはさほど気にしないで良いとしているところも多くあります。

ご自身の身の上が少し落ち着いて、再び看護師として仕事がしたいなと思ったら、是非看護師専用の転職サイトに登録してみて下さい。さまざまな条件で探せるシステムになっていますし、「ブランクあり」「日勤のみ」など希望の条件で看護師のお仕事が見つかるかもしれませんよ。

【専門看護師の仕事】災害看護専門看護師の仕事

災害看護専門看護師とは?

災害看護専門看護師は、災害の特性をふまえ、限られた人的・物的資源の中でメンタルヘルスを含む適切な看護を提供する看護師です。平時から多職種や行政等と連携・協働し、減災・防災体制の構築と災害看護の発展に貢献することも重要な仕事です。

災害看護専門看護師としての働き方と求人

災害看護専門看護師の仕事場は、被災地や災害地になるでしょう。

災害看護専門看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その専門資格を有する看護師を求めている病院や医療機関に勤めることが必要です。求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、専門看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

災害看護専門看護師資格を取るにはどうすればいいの?

災害看護専門看護師として従事するには、災害看護専門看護師資格を取得する必要があります。

専門資格を取得するには看護師資格を持っていることが、まずは条件となります。次に、看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること、実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であることが専門資格試験を受験する条件となっています。

なお、専門看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

専門看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。一般看護師とさほどかわらない収入であることが多いです。資格の内容によっては、大幅に収入がアップすることももちろんありますが、専門看護師の中にはセミナー講師などで講演を依頼されたり、専門機関の教員として後輩に指導するなど、看護師としての仕事以外にもいろいろな働き方があります。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

現時点では、遺伝看護専門看護師はまだ誕生していません。2017年12月に誕生見込みとされています。ですので、この仕事に対する期待度は未知数でもあります。災害看護の専門看護師がまだ誕生していないとは意外ですが、今後の活躍が大いに期待されています。

災害の現場は、薬品や機材が揃っているわけではありません。ですので、臨機応変に対応できる方、応用力のある方、冷静な判断ができる方に向いている仕事です。

【専門看護師の仕事】遺伝看護専門看護師の仕事

遺伝看護専門看護師とは?

遺伝看護専門看護師は、対象者の遺伝的課題を見極め、診断・予防・治療に伴う意思決定支援とQOL向上を目指した生涯にわたる療養生活支援を行い、世代を超えて必要な医療・ケアを受けることができる体制の構築とゲノム医療の発展に貢献する看護師です。

遺伝看護専門看護師としての働き方と求人

遺伝看護専門看護師の現場は、一般病棟です。

遺伝看護専門看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その専門資格を有する看護師を求めている病院や医療機関に勤めることが必要です。求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、専門看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

遺伝看護専門看護師資格を取るにはどうすればいいの?

遺伝看護専門看護師として従事するには、遺伝看護専門看護師資格を取得する必要があります。

専門資格を取得するには看護師資格を持っていることが、まずは条件となります。次に、看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること、実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であることが専門資格試験を受験する条件となっています。

なお、専門看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

専門看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。一般看護師とさほどかわらない収入であることが多いです。資格の内容によっては、大幅に収入がアップすることももちろんありますが、専門看護師の中にはセミナー講師などで講演を依頼されたり、専門機関の教員として後輩に指導するなど、看護師としての仕事以外にもいろいろな働き方があります。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

現時点では、遺伝看護専門看護師はまだ誕生していません。2017年12月に誕生見込みとされています。ですので、この仕事に対する期待度は未知数でもあります。病気に関しては、病気と遺伝の関係性も研究でずいぶん明かされてきました。

そんな中で、遺伝看護専門看護師としての働き方もまた未知数な部分が多く、今後が期待されています。新しいことにも自らチャレンジできる方、勉強熱心な方に向いている仕事です。

【専門看護師の仕事】在宅看護専門看護師の仕事

在宅看護専門看護師とは?

在宅看護専門看護師は、在宅で療養する対象者及びその家族が、個々の生活の場で日常生活を送りながら在宅療養を続けることを支援したり、在宅看護における新たなケアシステムの構築や既存のケアサービスの連携促進を図り、水準の高い看護を提供する専門の看護師です。

在宅看護専門看護師としての働き方と求人

在宅看護専門看護師の現場は、一般病棟だけでなく地域の施設などでも働くこともあります。

在宅支援看護専門看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その専門資格を有する看護師を求めている病院や医療機関に勤めることが必要です。求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、専門看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

在宅看護専門看護師資格を取るにはどうすればいいの?

在宅看護専門看護師として従事するには、在宅看護専門看護師資格を取得する必要があります。

専門資格を取得するには看護師資格を持っていることが、まずは条件となります。次に、看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること、実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であることが専門資格試験を受験する条件となっています。

なお、専門看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

専門看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。一般看護師とさほどかわらない収入であることが多いです。資格の内容によっては、大幅に収入がアップすることももちろんありますが、専門看護師の中にはセミナー講師などで講演を依頼されたり、専門機関の教員として後輩に指導するなど、看護師としての仕事以外にもいろいろな働き方があります。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

病気と向き合っている患者さんのニーズはさまざまで、病院での治療ではなく在宅での治療を望まれる患者さんや家族の方も増えて来ました。このようなニーズに応えることができるのが在宅看護専門看護師です。

在宅看護専門看護師は、より患者さん家族と密着した状況での看護となります。親身になって相談に乗れる方、ひとつのことを熱心にできるかたに向いている仕事です。

家族支援看護専門看護師とは?

家族支援看護専門看護師は、患者の回復を促進するために家族を支援したり、患者を含む家族本来のセルフケア機能を高め、主体的に問題解決できるよう身体的、精神的、社会的に支援し、水準の高い看護を提供する専門看護師です。

家族支援看護専門看護師としての働き方と求人

家族支援看護専門看護師の現場は、一般病棟だけでなく地域の施設などでも働くこともあります。

家族支援看護専門看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その専門資格を有する看護師を求めている病院や医療機関に勤めることが必要です。求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、専門看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

家族支援看護専門看護師資格を取るにはどうすればいいの?

家族支援看護専門看護師として従事するには、家族支援看護専門看護師資格を取得する必要があります。

専門資格を取得するには看護師資格を持っていることが、まずは条件となります。次に、看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること、実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であることが専門資格試験を受験する条件となっています。

なお、専門看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

専門看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。一般看護師とさほどかわらない収入であることが多いです。資格の内容によっては、大幅に収入がアップすることももちろんありますが、専門看護師の中にはセミナー講師などで講演を依頼されたり、専門機関の教員として後輩に指導するなど、看護師としての仕事以外にもいろいろな働き方があります。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

病気を治すために努力しているのは患者さん本人だけではありません。家族も自分たちができることを一生懸命やっています。ところが、看病に対して無理をしてしまったり、精神的に辛い状況に陥ったりして、ご家族が参ってしまうことも問題視されています。

このような家族の問題を専門的に聞いてくれる方の存在は、家族にとって非常にありがたい存在です。そんな方の力になりたい、コミュニケーションが得意な方、自分で調べて行動できる方などに向いている仕事です。

感染症看護専門看護師とは?

感染症看護専門看護師とは、施設や地域における個人や集団の感染予防と発生時の適切な対策に従事するとともに感染症の患者に対して水準の高い看護を提供する看護師のことです。

感染症看護専門看護師としての働き方と求人

感染症看護専門看護師の現場は、一般病棟や隔離病棟が多いでしょう。

感染症看護専門看護師として仕事をしたいという方は、まずは資格を取得し、その専門資格を有する看護師を求めている病院や医療機関に勤めることが必要です。求人の見つけ方はさまざまですが、看護師専用の転職サイト等に登録しておけば、専門看護師を求めている病院の採用情報を知ることができますので、登録しておくことをおススメします。

感染症看護専門看護師資格を取るにはどうすればいいの?

感染症看護専門看護師として従事するには、感染症看護専門看護師資格を取得する必要があります。

専門資格を取得するには看護師資格を持っていることが、まずは条件となります。次に、看護系大学院修士課程修了者で日本看護系大学協議会が定める専門看護師教育課程基準の所定の単位(総計26単位または38単位)を取得していること、実務研修が通算5年以上あり、うち3年間以上は専門看護分野の実務研修であることが専門資格試験を受験する条件となっています。

なお、専門看護師資格は一度取得すると永久にその資格を保持できるわけではなく、5年ごとの更新制度となっています。

専門看護師としての収入はどれくらい?

勤務する病院によって、一般の看護師より高い収入を得る方もいれば、同じ収入と言う場合もあります。一般看護師とさほどかわらない収入であることが多いです。資格の内容によっては、大幅に収入がアップすることももちろんありますが、専門看護師の中にはセミナー講師などで講演を依頼されたり、専門機関の教員として後輩に指導するなど、看護師としての仕事以外にもいろいろな働き方があります。

資格を活かせる職場と、どんな人に向いた仕事なのか?

感染症と聞くと、どうしても構えてしまいますがインフルエンザやノロウィルスなど身近にある感染症を防ぐのが主な仕事です。感染症は感染の経緯をつきとめ、そこでストップさせることが重要です。

先が見通せる方、自分の判断でテキパキ行動できる方、意思伝達がきちんとできる方に向いている仕事です。